飛行機の免許取得方法について

ヘリコプターの免許取得までの一般的な流れ

ヘリコプターの免許を取得するためにはスクールに通って勉強をするのが免許取得までの近道だと言われています。しかし、免許は取得したけどどのような流れで取得するのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。なるべくスムーズに免許を取得するためには取得までにはどのような流れで進むのかを知っておいた方がいいでしょう。ここではどんな流れで取得するのかについて大まかに紹介します。

ヘリコプター免許取得スクール「Alpha Aviation」を参考に記載しますが、まずスクールに入学をしたら免許取得に必要な航空身体検査を受けます。この検査を行わないと操縦練習許可書が発行されないことがあるので、飛行訓練を行うためにも検査にはクリアする必要があります。入学してすぐに検査を受ける場合が多いので、航空身体検査があることは知っておくといいでしょう。続いて検査が終わったら免許取得までに学科試験対策と飛行訓練を行います。学科の試験は年に3回行われ、どちらも試験に合格しなければ免許を取得することができません。過去問題などを学習しておけば合格は難しくありませんので頑張りましょう。その後、学科試験の勉強と並行しながら飛行訓練に入っていきます。

ステップ1〜訓練開始まで〜

航空身体検査を航空身体検査指定機関にて受けます。
その検査結果により、操縦練習許可書が発行されます。
これで飛行訓練を開始できます。

ステップ2〜学科試験対策、飛行訓練開始〜

学科試験は年に3回(3月7月11月に行われています。)
自家用学科試験は5科目あり、過去の既出問題はウェブで公開されています。
そのため過去問題を学習しておけば、合格することは難しくありません。
学科試験の勉強と並行して飛行訓練を開始できます。

最終的には学科の試験をクリアし、実地試験をクリアすれば無事に免許を取得できるので、スムーズに取得するためにも必要なことは事前に把握しておくといいでしょう。


スクール選びのポイントについて知ろう
Previous post
飛行機など様々な乗り物に乗るには免許が必要
Next post