飛行機の免許取得方法について

スクール選びのポイントについて知ろう

ヘリコプターの免許を取得したいけどどこのスクールに通ったらいいのか分からない人も多いでしょう。実際に通うことができるスクールの数も多いですし、スクールに入るためには費用も必要になるので、失敗は許されないポイントです。ここでは後悔しないためにも自分に合うスクールの選び方についてを紹介します。

まず、スクール選びで大切なポイントとしては充実のベテラン教官が教えてくれるかどうかをチェックしておきましょう。スムーズに免許を取得するためには生徒の努力も必要不可欠ですが、分かりやすく説明してくれる教官の存在も重要です。教え方が良くないとか、自分に合わない教官の場合はスムーズに免許を取得することができないので、選ぶときにはどんな教官が在籍しているのかをチェックしておくといいでしょう。

また、合格率についてもスクールを選ぶときにはチェックしておきたいポイントです。スクールによって過去の生徒の合格率は異なります。なるべく合格率が高いところの方が、信頼性も高くなるので、選ぶときにはできる限り合格率が高いスクールを選択するといいでしょう。

このように、免許取得で後悔しないためにはスクール選びも大切になるので、こだわって選ぶようにしましょう。

ヘリコプターの免許取得までの一般的な流れ

ヘリコプターの免許を取得するためにはスクールに通って勉強をするのが免許取得までの近道だと言われています。しかし、免許は取得したけどどのような流れで取得するのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。なるべくスムーズに免許を取得するためには取得までにはどのような流れで進むのかを知っておいた方がいいでしょう。ここではどんな流れで取得するのかについて大まかに紹介します。

ヘリコプター免許取得スクール「Alpha Aviation」を参考に記載しますが、まずスクールに入学をしたら免許取得に必要な航空身体検査を受けます。この検査を行わないと操縦練習許可書が発行されないことがあるので、飛行訓練を行うためにも検査にはクリアする必要があります。入学してすぐに検査を受ける場合が多いので、航空身体検査があることは知っておくといいでしょう。続いて検査が終わったら免許取得までに学科試験対策と飛行訓練を行います。学科の試験は年に3回行われ、どちらも試験に合格しなければ免許を取得することができません。過去問題などを学習しておけば合格は難しくありませんので頑張りましょう。その後、学科試験の勉強と並行しながら飛行訓練に入っていきます。

ステップ1〜訓練開始まで〜

航空身体検査を航空身体検査指定機関にて受けます。
その検査結果により、操縦練習許可書が発行されます。
これで飛行訓練を開始できます。

ステップ2〜学科試験対策、飛行訓練開始〜

学科試験は年に3回(3月7月11月に行われています。)
自家用学科試験は5科目あり、過去の既出問題はウェブで公開されています。
そのため過去問題を学習しておけば、合格することは難しくありません。
学科試験の勉強と並行して飛行訓練を開始できます。

最終的には学科の試験をクリアし、実地試験をクリアすれば無事に免許を取得できるので、スムーズに取得するためにも必要なことは事前に把握しておくといいでしょう。

飛行機など様々な乗り物に乗るには免許が必要

国内や海外を旅行するときに、行き来するための乗り物はたくさんあります。例えば国内の移動であれば新幹線や電車があるので、いくつもの県をまたぐ移動の時もこれらの乗り物を活用することで短時間で移動することができます。例えば名古屋から東京まで新幹線で移動すれば2時間もかからずに目的に到着することができます。

海外の旅行であればフェリーを使用する人もいます。フェリー乗り場は海のある都道府県であれば数カ所設けられており、フェリー乗り場を活用すれば海外の国へ旅行に行くこともできます。国内や海外を行き来する時に最短で移動ができる乗り物が飛行機です。飛行機を利用すれば短い時間で遠い距離の移動が可能で旅行以外にもさまざまな場面で活用されることが多いです。例えば公務員の中には飛行機の免許を取得して、公務に役立てている人も珍しくありません。民間でもさまざまなところで活躍をしている乗り物もあります。例えば私たちの身近なところとして挙げられるのがドクターヘリです。ドクターヘリは病で苦しむ人を短時間で助けるために活用することができます。ドクターヘリだけでなく、民間には報道なども挙げることができます。また、荷物を輸送するために飛行機が活用されることもあります。

このように乗り物の免許を持っていればさまざまなお仕事に就くことができますが、ドクターヘリなどに憧れを抱きヘリコプターの免許取得を検討している人もいるでしょう。今回は飛行機の免許取得方法について紹介します。